ニットV開きジャンパースカート

2014年01月27日

※この記事は過去の作品について書いています。

ニットV開きジャンパースカート

パターン
クルール「ニットV開きジャンパースカート」
使用生地
クルール「ウォーム加工ストレッチポンチ」サイレンスグリーン
生地組成
アクリル43%・レーヨン28%・ナイロン26%・ポリウレタン3%
アレンジ
着丈プラス5cmに変更・FCピンタックを割り仕様に変更・ポケット無し

2013年11月頃に制作。
表地と同型でトリコット裏地を付けました。

ニットだしサクサクっと作っちゃおう♪と思ったら、Vネックが意外と難しかった...。
aviverさんの部分縫いテキストを見ながら縫いましたが、裏地のVが少しずれてしまいました。見えないから勘弁してやる♪(どこまでもお気楽)

ポケットがデザインのポイントなのかもしれませんが、私はポケットの可愛らしいイメージとはかけ離れた人なので省略。

しかもポケットって意外と難しいよねっていつも思う。
身頃への印つけも切りじつけしないといけないし、カーブを綺麗に出すために厚紙でポケット型紙を作らないといけないし、荒ミシンでカーブにギャザーを寄せたり、おまけっぽい位置付けの割には手間のかかるヤツめ!って感じ。

ニットV開きジャンパースカート
FCはピンタックの片倒し仕様でしたが、FCに1.2cmの縫代をつけて縫い合わせ、FCを割って両側にステッチを入れました。この方が見た目も縫製も安定していい感じ!

そうそう、私こちらの作品でレジロンデビューを果たしました。
今までニット地の縫製はロック→60番キングスパン・直線→エッフェル50番を使用していたのですが、エッフェルではどうしても色が合わなくて、色数の多いレジロンを買うことに。

伸縮性では断然エッフェルの方が良いと思っていたのでレジロンにはあまり期待していなかったのに、縫ってみたらあまりの縫いやすさに感激しました!

エッフェル糸は11号針で縫っていても針穴に引っかかって縒りが戻って割けてしまうことが多々あったのですが、レジロンはするする〜っとした滑りの良い糸で、縫いやすさで言えばレジロンの方が上でした。

こんなに縫いやすいなら今後は色数も揃っているレジロンを買っちゃうかも。でもエッフェル、30色くらい持ってるんだよな...どうしよう。

肝心のパターンですが、裾に向かってゆるやかに広がっているので足捌きも良く、楽なのにちょっとキレイ目な感じが良いです。

ただ、胸がそこそこある体形だと胸元のVが横に開き気味になるので、少しゆとりを持ったサイズ選びをオススメします。

にほんブログ村 人気ブログランキング

↑↑ランキングに参加中です↑↑
ブログを気に入って頂けたらポチッと応援してもらえると嬉しいです(*´∀`*)

2014/01/27(月) 11:11:34 | 洋裁

メニュー

Calendar

<   2014年1月   >
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Search

Category

Archives

Recent Entry

Recent Comment

Blog Parts