理想ワンピ着々と進行中

2014年05月03日

私の究極の理想を形にした「クラシカルタイトワンピース」を引き続き製作中です。

私は総裏付きのワンピースを縫う際、表地と裏地をそれぞれ仕上げてから中とじする、いわゆる「工業縫い」で作ってきたのですが、今回は違う作り方に初挑戦しています。

違う作り方というのは、袖付け前の段階で表地と裏地を合体させて、表袖をミシンで縫い付け、裏地袖を手まつりで仕上げる......という、もっともオーソドックスな方法です。

というのが、現在受講中の文化服装学院通信講座の第四課題で作るワンピースのテキストがこちらの手まつり方法なので、今の内に練習しておかねば!!と思ったからなのです。

本当は全部ミシンで仕上げちゃう工業縫いを習得したいんだけど、勉強中の身としては基本をおさえておかないと!!ってことで...。

袖付け前
表地と裏地のファスナー部分とベンツ部分を工業縫いで合体させた後。って工業縫いしちゃってるじゃん!!Σ(゚д゚lll)

テキストではファスナーもベンツも手まつりになってます。ベンツはともかく、ワンピースのファスナーなんて56cmもあるのに、手まつりなんて面倒臭いなー。やだなー。なー。

......課題の時もファスナーは工業縫いしちゃおう...。

衿ぐり始末
衿ぐり合体!今回は「ファスナー裏地付け」→「ベンツ裏地付け」→「衿ぐり始末」の順番でやったけど、ベンツの前にやるべきだったのか??

工業縫いのファスナー裏地付けは表裏が別々の時じゃないと縫えないので、これが一番最初なのは確定として、他の順番がよく分からないまま。試しに次回はベンツの前に衿ぐりを済ませてみようと思います。

袖ぐりしつけ
袖ぐりにしつけしました。こんなことやったことないよ!なんだか「お仕立て中」っぽくて素敵!(*´∀`*)

では、これから袖を作って表袖を付けてきまーす!表袖を付けた後は、裏地袖付け・裾まつり・スプリングホック付け・糸ループ付けと手縫いだらけ...うへぁ......。

裏地袖をまつり付ける時、いせこみのぐし縫いはするのか?するとしたらどこにすれば後から抜けるのか?しないなら指だけでいせるのか??謎だらけですが、とりあえずやってみます!!

にほんブログ村 人気ブログランキング

↑↑ランキングに参加中です↑↑
ブログを気に入って頂けたらポチッと応援してもらえると嬉しいです(*´∀`*)

2014/05/03(土) 09:22:53 | 洋裁

メニュー

Calendar

<   2014年5月   >
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Search

Category

Archives

Recent Entry

Recent Comment

Blog Parts