アパレル縫製と手仕立ての違い

2014年05月04日

昨日私は「無知って恐ろしいわぁ」としみじみ感じました。

現在製作中の、私の理想ワンピース。パターンは工業縫い(アパレル縫製)用に引いて頂いたものです。

昨日の記事で、裏地袖を手まつりで仕上げる方法に初挑戦すると書きましたが...

アパレル縫製用のパターンで、これは出来ないそうなんです!Σ(゚д゚lll)

裏地袖の縫い代の取り方が全然違うそうで...な、なんということでしょう...。そんなこととは露知らず、すでに袖作りを終えて表袖を縫ってしまいました。・゚・(ノД`)・゚・。

「どどどどどうしよう」と焦りまくり、とりあえず落ち着け私、と自分をなだめ、袖を作り直すか無理矢理なんとかするか迷った結果、「気合いと根性で何とかなるっしょ('∀`)」という結論に達しました。(やっぱりねー)

縫い代が不足しているということは、裏地がつる可能性があるので、お袖の表地と裏地の釣り合いを何度も確認。

袖ぐり裏地付け
裏地袖の縫い代をギリギリまで詰めて、縫い外さないようにしつけして、細かくたてまつり。

裏地袖口のキセも調節しつつ、なんだかんだ帳尻を合わせて何とか縫い上がりました。やっぱり試作ってしておくものだわ!と実感。これ、リントンやマリアケントでやったら立ち直れないとこだったー(;´∀`)

袖ぐり裏地付け
文化服装学院の「ワンピース・ドレス」のテキストを見てみたら、ちゃんと書いてありました。よく読んでから作り始めれば良かったー!

今まで「手仕立て」と「アパレル縫製」って縫い方が違うだけだと思っていたけど、パターンからして違うものだったんですね。うん、またひとつ勉強になった!!

にほんブログ村 人気ブログランキング

↑↑ランキングに参加中です↑↑
ブログを気に入って頂けたらポチッと応援してもらえると嬉しいです(*´∀`*)

2014/05/04(日) 11:25:00 | 洋裁

メニュー

Calendar

<   2014年5月   >
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Search

Category

Archives

Recent Entry

Recent Comment

Blog Parts