文化服装通信講座課題3:ブラウス製図2

2014年05月28日

昨日のブラウス製図1に引き続き、通信講座の課題用ブラウスを製図しています。

ブラウス作図
もう一度補正済み原型を着てみたところかなりピチピチだったので、前身頃のゆるみを増やし、前身頃1cm・後身頃1.5cmのゆるみを加えて製図し直してみました。

ブラウス作図
一度身頃のシルエットを確認したいので、簡易パターンを作ってシーチングでトワル作成。

本当は「半身でー♪ピン打ちでー♪」とカッコいいトワルを組みたかったのですが、激むずかしかったので普通に荒ミシンで縫いました(´・ω・`)

ブラウストワル
こちらが出来上がったトワルなんですが......

何、これ?

全然「シュッと!」「シャキーンと!」してないし!!どっちかって言うと「ダボッ」「モサー」としてるし!!!

やだー!!こんなの絶対着ないからー!!!ヽ(`Д´#)ノ

ブラウストワル
後ろ姿なんか、ほら。皺くちゃなシーチング効果も相まって、苦悩するサラリーマンそのものですよ('∀`)

この敗因は多分、ダーツb・dを無くした上に脇でゆるみを出したことと、残したダーツa・eの分量を増やさなかったことじゃないかなと思います。

ダーツb・dを無くしたことで原型よりもゆったりしているわけだから、脇でそんなにゆるみを出す必要は無かったのかもしれませんねー。

というわけで、脇のゆるみはひとまず無くして、前身頃のダーツaを1cm・後身頃のダーツeを1.5cm増やし、脇で1cm絞って製図し直します。

誌上・パターン塾によると、一箇所の切り替えで絞れる分量はこれが限界らしいので、限界まで絞ったろ!!と思います(*´∀`*)

ブラウストワル
今回の収穫は、ちゃんとプリンセスラインに展開できた!ってことだけでした。くそぅ。でもこれはこれで貴重な収穫だったのでいっか。

そういえば、購入した湯通しシーチングを初めて使ったのですが、ベタベタしてなくてとっても使いやすかったです!

巻きなので折りじわを伸ばさなくていいし、買って良かったー!その代わり巻きじわは結構あって、これがアイロンでなかなか伸びず...。私のトワルは毎度しわくちゃトワルになりそうです(;´∀`)

にほんブログ村 人気ブログランキング

↑↑ランキングに参加中です↑↑
ブログを気に入って頂けたらポチッと応援してもらえると嬉しいです(*´∀`*)

2014/05/28(水) 10:43:50 | 洋裁 | コメント(4)

コメント(4)

まり先生

いつも拝読しています
洋裁教室の講師をしております

洋裁を心から楽しんでおられるMAKO様の様子が
読んでいるこちらも楽しい気持ちにさせてもらえます

ところでプリンセスラインの切替ですが
わたしの教室では一年ほど学ばれた方にしか
教えておりませんので
最初からお一人で引いていることに大変驚きました

独学で学ばれているとは思えません
飲み込みが良いので上達が速いのでしょうね

MAKO様のような熱心で上達の速い生徒さんは
我々講師も大変やり甲斐を感じます

教室には通われていないそうでsが
もし通われたら講師はきっと喜ぶでしょう
近場に教室がないとのこと
残念でなりません
地方都市には余るほどあるのですよ
教室に通われたらさらに上達されることと思います
良いご縁がありますとともに
さらに上達されることを願っております

2014年5月28日 12:14

MAKO

▼まり先生さま

初めまして、こんにちは!
コメントありがとうございます!(*´∀`*)

わー!洋裁教室の先生なのですね!!
私もお教室に通いたいのは山々なのですが、通える範囲にそういったものが皆無で、今は独学(+文化のテキスト)でどうにかこうにか頑張っています。

プリンセスラインは「誌上・パターン塾」という書籍を読みながらどうにかこうにか引いたのです。
書籍が無ければとてもムリ!!でしたー。
「ウエストダーツって横移動できるの!!?」「肩ダーツって都合よくずらしちゃっていいの!!?」と、いちいち驚きながら引きました 笑。

誰にも聞くことが出来ない環境なので、とにかくトライ&エラーを繰り返しながら「本当に合ってるのかな??」と思いつつやっていくしかなく、とっても心細いです。・゚・(ノД`)・゚・。
まり先生が近くにいらっしゃれば、お教室に通えるのにー!
私も残念です!!

でも、洋裁大好き!!な気持ちは人一倍あると思うので、情熱と気合いで頑張ってみます!
良かったらまたご意見を聞かせて頂ければ嬉しいです(*´∀`*)

2014年5月28日 17:30

みしん

こんにちは(^^)
トワル、無駄なシワなく綺麗?って思ったんですが、シルエットがお好みじゃなかったんですね(^^;)

余計なお世話かもしれませんが、前脇身頃のプリンセスラインのウエストダーツの線が直線的なのではないかと感じます。
言葉で説明しにくいのですが、前脇身頃のプリンセスラインはウエストから上に垂直気味に4、5cm伸ばしてから前身頃のプリンセスラインに沿うようにカーブさせてつなげる感じでひいていきす。そうすると、もっと身体にフィットしたシルエットになっていくと思います。

後ろ身頃はトルソーのテープより外側にプリンセスラインがあったので、もう少し内側にプリンセスラインを移動させると、シルエットは変わりませんが見た目に着やせ効果がありますよ(^^)
ご存知かもしれませんが、プリンセスラインはこのテープを参考にひくと、美しくできると思います(^_^)b

2014年5月29日 07:30

MAKO

▼みしんさま

こんにちは^^

トワルと言っても最終トワルではなく、本来なら必要のない段階でのトワルです。
学校で習っているのとは違い、独学で始めたばかりですと、途中途中でこのような確認が必要になってしまうというだけです。

連日の記事をお読み頂ければ分かると思うのですが、現在はゆるみ分量とダーツ分量の検証中で、意匠線としての切り替え線の検証は大まかなシルエットが完成してからやりますので大丈夫ですよ。

2014年5月29日 11:03

メニュー

Calendar

<   2014年5月   >
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Search

Category

Archives

Recent Entry

Recent Comment

Blog Parts