文化服装通信講座課題3:ブラウス製図5

2014年06月03日

連日シーチングと製図の写真ばかりで、ブログの絵面が雪原のようになってまいりました。思わず「こなーーーゆきーーーねぇ!!!」と歌い出しそうです('∀`)

さて、ようやく衿とお袖が付きましたー!ヽ('∀`)ノ

ブラウストワル
一気にブラウスっぽさが出た感じで、テンションだだ上がりー!!

お袖は七分袖で、5cmのストレートカフス付き。カフスの縫い目を利用してスリット開きにしてあります。

ここで、七分袖についてちょこっと。

私は夏には七分袖派なのですが、文化のテキストにも他の書籍にも、七分袖に関する説明ってまったく無いんですよねぇ。

七分袖の長さの定義とか、袖口寸法とか、標準的な数値が全然分からない。

で、今回お袖を作るにあたり誌上・パターン塾を熟読していましたら、袖丈についてのイラストがチラッと載っておりました!ヽ('∀`)ノ

袖丈はEL(エルボーライン)から長袖丈までを五等分し、ELの一つ下が六分袖、もう一つ下が七分袖...となっていくようです。

ちなみに、ELの位置は袖山から袖丈(長袖)の半分より2.5cm下。と文化服装学院のテキストには書いてあります。

この計算で袖丈を決めたら、思っていた七分袖よりやや短かったので、製図をプラス2cmに変更しました。

さらに、七分袖の袖口寸法が分からなかったので、手持ちのナラカミーチェの七分袖シャツの袖口を真似して26cmにしたところ、腕を曲げ伸ばしする時にちょっとキツイ感じが。

えー!ナラカミーチェはきつくないのにぃー!!と思ったら、ナラカミーチェはストレッチ素材でした(;´∀`)なのでこちらも2cmプラス。

お次は台襟についてなんですが、正直全然分かっていないので何も書けませぬー!

ブラウストワル
言われた通りに製図して、言われた通りに縫っていたら、なんか衿になったよ?的な?

ちなみに台襟の製図は、文化のテキストを見ても全然分からなかったので、誌上・パターン塾の巻末付近に載っている製図方法を見ながら引きました。

衿の修正は、上衿の真ん中の長さ(なんて言うのコレ)を6cmから7cmに変更し、製図を修正。

どうでもいいけどトルソーの首って異様に太くて、ベアトリス嬢が「ぐえっ」ってなってるように見えて不憫です。うぅぅぅ。・゚・(ノД`)・゚・。

ブラウス製図
これでフリルを除いて一通りの製図が終わったので、ここからパターンを起こして、いよいよ試作品作りに入りたいと思います!

......本当はこのまま本番に行きたいけど、ちょっと前に「トワル→試作→本番」と3回作る!!なんて余計な宣言しちゃったからー!5月16日の私、バカバカバカー!

にほんブログ村 人気ブログランキング

↑↑ランキングに参加中です↑↑
ブログを気に入って頂けたらポチッと応援してもらえると嬉しいです(*´∀`*)

2014/06/03(火) 10:20:15 | 洋裁 | コメント(0)

新規コメント

ハンドルネーム
メールアドレス(非公開)
サイト
入力情報を記憶しますか?
記憶する
コメント
システムの不具合で「〜」や「機種依存文字」を入力すると文字化けしてしまいますのでご注意下さい

メニュー

Calendar

<   2014年6月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

Search

Category

Archives

Recent Entry

Recent Comment

Blog Parts