文化服装通信講座課題3:ブラウス試作品2

2014年06月08日

ブラウス試作品
ようやくブラウスの身頃が完成ー!ヽ('∀`)ノ

想像以上に地味なブラウスですが、本番でフリルがつけば大丈夫かなー?

まず、ここまでの反省点!ほぼ初めてと言えるシャツブラウスの製作なので、色々と失敗しちゃいました。あひゃ。

(1) タックのアイロンで生地が伸びてしまった

これ、非常にやわらかくて伸びやすい生地だったので、きせがかからないようにグイグイとアイロンをかけていたら、裾の長さが合わなくなっていました(;´∀`)

前立ての長さに合わせて、無理矢理つじつまを合わせたけど、本番では気をつけなくちゃ。

(2) 台襟の片側に接着芯を貼らなかった

上衿と同じで、片面で良いのだと思い込んでいました。裏台襟にしか接着芯を貼っていないので、表側から縫い代の凹凸が目立ってしまう...。テキストをちゃんと読んでおけばこんなことにはならなかったのに、ダメな生徒ですなぁ('∀`)

(3) 衿の突き合わせに隙間がある

まず写真を見て下さいませ!

ブラウス試作品
衿の上部に隙間がありますよね??

ちゃんと長さを測って製図したので間違いはないはずなのに、何故か隙間があいてるんですよねー。なんで??

画像検索してみたら、ピシッと合ってるものと隙間があいているものとありました。デザイン的な要素で、どっちでもいいのかな?

でも課題提出して「製図が合ってないからあいてる」と思われると嫌だし、本番の前にもう一度製図を見直そうと思います。

こうして試作品を縫っていると、仮縫いの時とは違って疑問や上手くいかない点がいっぱい。手間だけど、やっぱり試作品作りをしておいて良かったです!

次はお袖を付けたところをお見せできるように頑張りまーす(*´∀`*)

にほんブログ村 人気ブログランキング

↑↑ランキングに参加中です↑↑
ブログを気に入って頂けたらポチッと応援してもらえると嬉しいです(*´∀`*)

2014/06/08(日) 09:05:50 | 洋裁 | コメント(0)

新規コメント

ハンドルネーム
メールアドレス(非公開)
サイト
入力情報を記憶しますか?
記憶する
コメント
システムの不具合で「〜」や「機種依存文字」を入力すると文字化けしてしまいますのでご注意下さい

メニュー

Calendar

<   2014年6月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

Search

Category

Archives

Recent Entry

Recent Comment

Blog Parts