片袖付けは縁起が悪い

2014年06月26日

昨日の記事でチラッと書いた「片袖付けは縁起が悪い」という言い伝え、意外とマイナーな知識だったようでビックリしました!

いつ誰から教えてもらったのか記憶にないくらい小さい時から知っていたので、もしかしたら祖母が教えてくれた和裁の知識だったのかもしれません。

詳しく説明しますと、お仕立て中の服を「片袖の状態で夜を越すのは縁起が悪い」という言い伝えがあるのです。

現在では差別用語に当たりますが、「かたわ」を連想するからだと聞いたような...。

袖付け
というわけで、お袖は両方いっぺんに付けましょう♪

あと、「お袖お化けが出る」とも聞いた気がしますが、こちらについては定かではありません。てか「お袖お化け」ってどんなの??片袖が一反木綿みたいにヒラヒラ飛んでくるのかな??

そういえば、四谷怪談のお岩さんの妹さんはお袖さんというのですよ!確かお袖さんも悲惨な死に方をしたような...。そう考えるとドえらい怖いですな!Σ(゚д゚lll)

最近ムシムシ暑いので、微妙ーーーに涼しくなるお話でしたー♪

にほんブログ村 人気ブログランキング

↑↑ランキングに参加中です↑↑
ブログを気に入って頂けたらポチッと応援してもらえると嬉しいです(*´∀`*)

2014/06/26(木) 11:22:42 | 洋裁 | コメント(6)

コメント(6)

ひょうくま

MAKOさん、こんにちは!
毎度、読み逃げしてましたがすいませんm(__)m
そうそう、「片袖付け」は納得です。縁起が気になる私は、もし何かあったら「○○が悪かったのかも!」と恐怖心に怯えます。
和裁では王道の縁起?ですね。全部つけられなくてもせめて糸留めだけでもして付けておきなさい・・と最初の頃言われました。
やりかけの仕事はきりの良い所までするという気持ちのしつけの意味もあるのかな?と個人的には思います。
そうそう!先生は「夜になったら(片袖の)着物が泳ぎ歩く」と言ってました。懐かしいーーっ!これが”お袖お化け”って事かも?!
願いは叶わなかったけど、目指してた和裁の道を思い出させてくれてアリガトー。
ワンピース、着々と出来つつありますねー。見てるこちらもワクワクさせて貰ってます♪

2014年6月26日 13:00

yuri

こんにちは。
初めてコメントさせていただきました。
毎日楽しみに読ませていただいています
私はむかーし!!ドレメの洋裁学校を卒業しました。
が子育て仕事と忙しくしばらく洋裁ができませんでした
やっと時間の余裕が少々できていざ作ろうかと思っても、忘れたり今は手法?が違ったりして色々検索しましたらこちらのブログにたどりつきました、道具等とても参考になります、これからもおじゃますると思いますよろしくお願いします。
出来上がっていくお洋服も楽しみです♪♪

2014年6月26日 17:41

猫の下婢

はじめまして!
いつもブログにおじゃまさせてもらっています♪
綺麗なお写真で分かりやすく説明を書いてくださるので、洋裁初心者の私はとーっても助けられていますm(__)m
あの…大変図々しくて申し訳ないんですが、MACO様に質問してもよろしいでしょうか(;_;)
現在ベルトレスのタイトスカート(見返し、裏地あり、コンシールファスナー)を制作しています。
洋裁本「工夫されたあきの縫い方」のP95「ベルトレススカートのファスナーあき」を参考にしているのですが、先に見返しと縫い合わせた裏地にファスナーをつけて、ウエストの処理→最後に表布にファスナーを止める、とあります。
でもコンシールファスナーを使うんだったら、最後に表布にファスナーを止めるってできませんよね?
どうやって縫えばいいんでしょうか…。
コンシールファスナーで見返しで裏地付きのお洋服なんて手持ちで沢山あるのに、ミシンで縫う方法がどこにも載ってないんです。(手でまつる方法はありました)
煮詰まって手持ちのタイトスカートを解体したのに、全然分からず情けないです。
以前MACO様が裏地付きのヨークスカートを全部ミシンで処理されていたので、ご迷惑でなければどのような手順で縫われたのか教えて頂けないでしょうか(;_;)
分かりにくい説明で申し訳ありません…。

2014年6月26日 19:38

MAKO

▼ひょうくまさま

こんにちはー!
お返事遅くなってすみません!!

おぉぉ!やっぱり和裁の知識だったんですねー!!
これですっきりしましたー♪
教えてくれてありがとうございます(*´∀`*)

私は非現実的なことはあまり信じない方なんですが、縁起うんぬんに関しては結構気にする方で、鳥居をくぐる時は左足で…とかついつい気になっちゃうんですよー。
なので片袖付けも絶対しません!
もしどうしても時間がない時は、ひょうくまさんと同じように、しつけ(和裁だと糸止め?)だけでも済ませておきます♪

お袖お化けって、お着物本体の方だったんですねー!
着物が片袖を探して彷徨うってことなのかなー??
私はてっきり、置いて行かれた袖の方がつちのこみたいに這って出るのかと思っていました!笑。

遅々として完成しないワンピースですが、また覗いて頂けると嬉しいでーす(*´∀`*)

2014年6月29日 13:59

MAKO

▼yuriさま

初めまして、こんにちは!
お返事がすっかり遅くなってすみません!

わー!わー!ドレメ出身なんですねー!
きちんとお勉強された方、うらやましいです!!
私は文化の通信講座を受講中ですが、ドレメ原型は採寸箇所が多いので始めから比較的体型に合った原型が出来ると聞き、文化を修了したらドレメ式も習ってみたいなー♪などと思っています(*´∀`*)

文化式はアパレル縫製寄り、ドレメ式はオートクチュール寄り、と聞いたことがあります。
最近は書籍などでもアパレル縫製(工業縫い)を勧めることが多く、私もアパレル縫製を目指しているので、ドレメでちゃんとした勉強をされたyuriさんからすると「???」な部分も多いかもしれません!

何せ独学のド素人なので、色々と間違っていることも多いと思いますが、「ぷぷぷっ」と笑い飛ばしながら生暖かく見守ってやって頂けると嬉しいです(*´∀`*)

2014年6月29日 13:59

MAKO

▼猫の下婢さま

初めまして、こんにちは!
お返事お待たせしてすみませんでしたー!!
ご質問の「ベルトレスタイトスカート」の縫製手順ですが、私の場合は下記の順番で縫っています♪

(1)表地にコンシールファスナーを付けておく
(2)見返しと裏地を縫い合わせる
(3)表地のコンシールファスナーと裏地を縫い合わせる(「工夫されたあきの縫い方」P85から参照)
(4)表地と裏地を中表に合わせ、ウエストを縫い合わせる

先に裏地にコンシールファスナーを縫い付けておく手順は上級者向け(らしい)ので、私は表地に縫い付けておいてから、裏地をミシンで縫う方法をとっています(*´∀`*)

こんな説明で分かりますでしょうか??
もしまた分からないところがありましたら、遠慮無くご質問下さいね!
私に分かることであれば何でもお答えしまーす♪♪

ちなみに、私も「猫の下婢」です 笑。
猫にゃんの可愛さは異常ですからー!!猫にゃんばんざーい!ヽ('∀`)ノ

2014年6月29日 14:00

新規コメント

ハンドルネーム
メールアドレス(非公開)
サイト
入力情報を記憶しますか?
記憶する
コメント
システムの不具合で「〜」や「機種依存文字」を入力すると文字化けしてしまいますのでご注意下さい

メニュー

Calendar

<   2014年6月   >
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

Search

Category

Archives

Recent Entry

Recent Comment

Blog Parts