片袖付けは縁起が悪い

2014年06月26日

昨日の記事でチラッと書いた「片袖付けは縁起が悪い」という言い伝え、意外とマイナーな知識だったようでビックリしました!

いつ誰から教えてもらったのか記憶にないくらい小さい時から知っていたので、もしかしたら祖母が教えてくれた和裁の知識だったのかもしれません。

詳しく説明しますと、お仕立て中の服を「片袖の状態で夜を越すのは縁起が悪い」という言い伝えがあるのです。

現在では差別用語に当たりますが、「かたわ」を連想するからだと聞いたような...。

袖付け
というわけで、お袖は両方いっぺんに付けましょう♪

あと、「お袖お化けが出る」とも聞いた気がしますが、こちらについては定かではありません。てか「お袖お化け」ってどんなの??片袖が一反木綿みたいにヒラヒラ飛んでくるのかな??

そういえば、四谷怪談のお岩さんの妹さんはお袖さんというのですよ!確かお袖さんも悲惨な死に方をしたような...。そう考えるとドえらい怖いですな!Σ(゚д゚lll)

最近ムシムシ暑いので、微妙ーーーに涼しくなるお話でしたー♪

にほんブログ村 人気ブログランキング

↑↑ランキングに参加中です↑↑
ブログを気に入って頂けたらポチッと応援してもらえると嬉しいです(*´∀`*)

2014/06/26(木) 11:22:42 | 洋裁 | コメント(6)

恐るべしシルクシャンタン

2014年06月25日

フォーマルワンピースの表地が少しずつ縫い上がってきました。

私の中では「シルク100%=パッカリング(ピリつき)が起きる」というイメージだったので、何度も何度も試し縫いをしてから本番に挑んだのですが、このシルクシャンタン、別にどうということもなくスイスイ縫えちゃうのです!

シルクシャンタン
パッカリングなーーし!!ヽ('∀`)ノ

今まで縫製に苦しんできたシルク100%生地は、デシンやシフォンなどだったのですが、シャンタンは張りがあるのでパッカリングが起きにくいのですかねー??

ミシン糸をキングフィットにしただけで、何の苦も無く縫えちゃいました。アイロンもよく効くし、むしろ扱いやすいとすら感じるー♪

ふはははは!シルクシャンタン、恐るるに足らず!!!

と高らかに勝利宣言をかましていた私ですが、袖付けの段になって思わぬ事態が...。

......こやつ、いせが全然入らないΣ(゚д゚lll)

ギャザー寄せ荒ミシンの糸を引いても、布目に沿って突っ張ってしまい、いせがまっっったく入りません!それまで順調だっただけに、予想外の展開にあわてふためき...。

シルクシャンタン
目打ちと格闘すること40分、アイロンでいせを殺しまくること20分、どうにかこうにか袖が付きました(;´∀`)

後で調べてみましたところ、シャンタンは非常にいせこみにくい生地なので、そもそもパターンの段階でいせを極少量にしておくそうです。

今回使用しているパターンはそれほどいせが多いわけではないのですが、それでも大格闘でした。私は素人洋裁なので好きなパターンを好きな生地で縫ってしまうけど、本来のお洋服作りの流れとしては、デザインの段階からすでに生地などを想定しているんだなぁというのがしみじみ分かった一件でした。

片側が終わったところで燃え尽きそうでしたが、「片袖付けは縁起が悪い」と言われているので、なんとか両側頑張りました。意外と迷信深い私('∀`)

この後は裏地と合体していく作業です♪最近なかなか縫い時間が取れないけど、7月初旬の予定には何とか間に合いそうなので、引き続きちまちまと頑張りまーす(*´∀`*)

にほんブログ村 人気ブログランキング

↑↑ランキングに参加中です↑↑
ブログを気に入って頂けたらポチッと応援してもらえると嬉しいです(*´∀`*)

2014/06/25(水) 10:53:46 | 洋裁 | コメント(2)

シルクに最適なキングフィット糸

2014年06月24日

なんだかんだと忙しくしておりまして、更新がこんなに空いてしまいましたー!ぎゃーす!

ちょこちょこ空いた時間で、フォーマルワンピースを少しずつ縫い進めております。

何と言っても「色合わせ命」な私。今回も生地色に合わせて糸やファスナーを買い集めたのですが、少し変わった色味だったので、揃えるまでに時間がかかってしまいました。

キングフィット
こだわっただけあって、お色味はぴったり(*´∀`*)

今回使用している生地は、シルク100%の「シルクシャンタン」です。シルクはパッカリング(ピリつき)が起きやすく、縫製に気を遣います。

「シルクを縫う時はシルク糸で」という方が多いと思いますが、私はFUJIXの「キングフィット」という糸を使っています。

キングフィットは公式に「パッカリング対応ミシン糸」と謳われているくらいなので、シルクにも最適。フィラメント糸のもつ強じんさと滑らかさ、そして美しい光沢を活かし、さらにスパン糸の使いやすさとなじみの良さを加えた、多機能縫い糸......とのこと。

このキングフィット糸を使って、糸調子を弱めに設定すると、かなりパッカリングが軽減されます!シルク以外にも、パッカリングが起きやすいシフォン等にもオススメ♪

キングスパン見本帳
色番はキングスパンと同色なので、キングスパンの見本帳があればバッチリ色合わせ可能です♪

糸の色合わせですが、糸巻きの状態と一本の糸の状態ではかなり色味が変わります。見本帳を持っていない場合、端切れを持って手芸店に行き、糸巻きを乗せて色味を見ることになると思いますが、このやり方ですと、見本帳の糸を生地に直接乗せた色味とはまったく異なってしまうので、私は見本帳を買うことを断然オススメします!

YKKファスナー見本帳
ファスナーも見本帳を持っているので、かなり微妙な色合いでも色合わせ可能です(*´∀`*)

キングフィットはしなやかで生地に馴染みやすい糸なので、スパン糸の代わりに使ってもいいくらい。キングスパンより少し値段が高めですが、機会があったら是非一度使ってみてほしい、素晴らしい「次世代ミシン糸」でーす!

にほんブログ村 人気ブログランキング

↑↑ランキングに参加中です↑↑
ブログを気に入って頂けたらポチッと応援してもらえると嬉しいです(*´∀`*)

2014/06/24(火) 12:26:37 | 洋裁 | コメント(2)

メニュー

Calendar

<   2014年7月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Search

Category

Archives

Recent Entry

Recent Comment

Blog Parts